1. キャバクラバイトの派遣、在籍で時給はどう違う?

キャバクラバイトの派遣、在籍で時給はどう違う?

2つの働き方が選べる「在籍」と「派遣」

キャバクラのキャストは「在籍」と「派遣」の2つの働き方が選べます。

キャバクラ店の正規キャストとして実力次第でバリバリ稼げるスタイルと、自分の好きな日に好きなお店で自由に仕事ができるノルマのないスタイル、どちらも一長一短があるので、自分の好きな方法を選べばいいんです。

ただし、注意してほしいのは時給。働き方が違うということは当然ですが給与にも違いがあるということ。今回は気になるお金のことについてまとめています。


派遣キャストの時給はいくら?

まずは派遣キャストがもらえるバイト代のカラクリをみていきましょう。 キャバクラ店から登録会社に1時間4,000円のバイト代が支払われる契約になっているとします。

会社はそこから1時間1,000円など決まった金額を引き、女の子に渡します。

バイトをしている女の子は会社から(言葉は悪いですが)ピンハネされたバイト代をもらうということに。

実際にキャバクラ求人をチェックしてみると、六本木や新橋、自由ヶ丘、池袋、新宿、成増、中野、荻窪、御徒町など様々なエリアから求人がかかっていて、かなり活況であることがわかります。

けれど1時間あたりの給与は下は約3,000円から上限は約4,000円です。

ただ派遣会社によっては、時給5,000円以上のバイト情報を公開していることもあります。

それぞれの会社の求人情報を確認してくださいね。

都内のコンビニバイトの場合1時間に1,000円前後の時給が一般的なので、それに比べれば短時間で効率的に稼げると言えますよね。

ただ注意してもらいたいことは、お店によって税金や厚生費、へアメイク代、衣装代、送迎代が差しひかれるケースがあること。

「思ったより手取りが少なくてガッカリ」ということにならないように、登録会社と契約を結ぶときには引かれる経費についても、しっかり聞いておきましょうね。


在籍キャストの時給はいくら?

在籍キャストはキャバクラ店専属となっています。

そのため、お店の運営状況やキャストの営業成績により給与額が変動するのが普通です。

一般的には約3,000~5,000円の時給になることが多いので、派遣キャストにくらべて1時間あたりのバイト代は高いと言えそうですね。

でも営業ノルマ未達で罰金1万円、無断欠勤で罰金2万円と罰金をとられてしまう可能性もあるので、一生懸命稼いでも努力がムダになってしまうリスクもあります。

もちろん正規キャストなので、努力次第で月に100万円以上の月給を狙うことだって可能。

普通のOLでは絶対にもらえない金額を手にしたい、自分の実力を試してみたい、水商売で成功してやる!そんな意欲のある女の子は、在籍キャストとした働く方が大きなメリットがあります。